御燈祭と引っ越しの話

by 瀬川辰馬

装束の着付けを終え、外に出ると、既に日が暮れていた。

上り子の経験のある友人のKとUが、たのむで の声とともに松明をぶつけ合う。

今年の2月6日の和歌山県新宮市は、嵐に近いような強風に、すこし雨も混ざっていて、鳥居をくぐる頃には足袋の中まですっかり水浸しになっていた。

道すがらのスーパーで買った安酒をあおって身体をあたためながら、538の石段を登る。

着いたのが少し遅かったか、山上は上り子たちではち切れんばかりに満ち満ちていて、目がけたところに進むことも出来ないし、立ち止まることも出来なかった。

自分の膜が曖昧になるような熱気の中で、気づいたときには、もうKもUも、近くに見当たらなかった。

- – -

それから、門が開くまでの1時間のあいだ、波が生まれて消えるように、怒声と撲音があちこちで鳴っては、夜のなかに溶けていった。

やがてゴトビキ岩で御神火が灯ると、それまで山上を包んでいた、血と、酒の匂いが焼かれて、山上がひとつの炎となった。

頭上に半月が出ていた。
その青白い仄光が その山上の炎の赤黒さとの距離が あまりに超現実的だった。

これまでの人生で味わった光景のなかで、最も美しいもののひとつだった。

- – -

正月休みを使って、アトリエと自宅の引っ越しをした。
縁あって、房総半島のど真ん中の、山奥に。

棚田状になっている山上に母屋があり、すこし下がったところにアトリエがある。
毎日、18時か19時頃まで仕事をする。

アトリエの扉を閉めて、母屋に向かおうとする道すがら、否が応でも星空が眼前にひろがる。

ほんの数秒のことだけど、毎日、すこし立ち止まってそれを眺める。
意図してそうするというよりは、自然に足が止まる。

自分がほんの数分前まで、夢中になっていた作業と、その光との間にある距離について考え、毎日ほんの少し、かなしみを覚える。

それから、その日の夕飯を食べに、母屋への階段を登っていく。

16651304_1791993677719888_95951739_o